お問い合わせはコチラから

Cocoonで特定の記事だけ外部リンクをdofollowにするカスタマイズ

サイト運営

Cocoonを使っていると外部リンクを一律nofollowにするオプションがあります。外部サイトにリンクジュースを流さないために、外部リンクをnofollow設定している人も多いでしょう。

私も世間の流儀に従って、Cocoonで一律nofollowのオプションを設定していますが、特定の記事だけは無効にしたいと思った時に、その機能が無いことに気が付きました。

この記事では、Cocoonで一律 外部リンクをnofollowにしている時に特定の記事をdofollowにするカスタマイズをご紹介します。

特定の記事だけnofollowオプションを解除するスニペット

一律 外部リンクをnofollowにするCocoon設定を、特定の記事だけ変更(defaultにする)してあげればいいです。

以下のようにオプションの読み込み部分をpost IDで切り替える方法で対応してみました。

// 外部リンクのfollow/nofollowのオプション上書き
add_filter( "theme_mod_external_link_follow_type",function($mods){
	if(is_single(array( '13405')) ){// post id を指定
		  return 'default';
	}
	return $mods;
});

apply_filters( “theme_mod_{$name}”, mixed $current_mod )というフックを使っています。

external_link_follow_typeというCocoonの変数に外部リンクの設定が入っています。

$nameをexternal_link_follow_typeにすることでフックで書き換えられます。

get_theme_mod() – Function | Developer.WordPress.org
Retrieves theme modification value for the active theme.

まとめ

個人的にはどうせ発リンクするならnofollowよりもdofollowの方がGoogle的にはリンク元も評価が高くなると感じています。

E-A-Tを意識するなら、記事は引用元や参考記事を明示する必要がありますが、従来の全ての外部発リンクをnofollowにする流儀はEAT的に逆効果なのでは?と思います。

nofollowのリンクを参考記事に上げている場合、『参考にならないリンクをもとに記事を書いています』という意図を伝えていることになると思うからです。

ただ、アンカーリンクはリンクごとにfollow/nofollowを設定するのが結構面倒なので一律どっちかに処理して、個別対応するしかないのかな?と思っています。

GoogleSearchConsoleを見ている限り、バックリンクのnofollowは評価されないというのは、今ではあまり関係ないように思います。

nofollowでも有用なリンク先には評価が渡りますし、dofollowでも無関係なリンク先には評価が渡らないというように、Googleは状況に応じて適切に処置しているようです。

リンクジュースの件はあまり気にせずに、一律dofollowとした方が、サイトの信頼性も高まりそうなので、発リンク側にもメリットが大きい気がします(希望的推測)。

この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
サイト運営
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
こんな記事も読まれています

失敗しないレンタルサーバーランキング

mixhost

不正アクセスに強くて使いやすいおススメサーバー
\本サイトで利用中/
メリット①:自動ウィルス駆除対応
メリット②:サイトの表示速度が速い!
メリット③:転送量の上限が多い!
メリット④:自由にプラン変更ができ、アクセス増にも対応できる!
メリット⑤:バックアップデータが無料で復元できる!
メリット⑥:Wordpressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:どのプランでも初期費用が無料!
メリット⑧:10日間の無料お試し期間と30日の返金保証!

Conoha Wing

国内Wordpress最速の最強サーバー
メリット①:圧倒的な表示速度
メリット②:レンタルサーバーと独自ドメインがセットでお得◎
メリット③:プラン変更はすべてのプランで自由自在
メリット④:一か月の利用転送量の制限が緩い(9TB~)
メリット⑤:WordPresサイトの移行が簡単

エックスサーバー

国内シェアNo1の安定性と実績が魅力。ALL SSDで死角なしの万能サーバー。
メリット①:サイトの表示速度が安定して速い!
メリット②:アクセス負荷に強くて安定性が高い!
メリット③:24時間365日の充実サポートで安心!電話サポートもあり!
メリット④:転送量が多い!
メリット⑤:自動バックアップ機能付き!
メリット⑥:WordPressが簡単にインストールできる!
メリット⑦:10日の無料お試し期間がある!

オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました