お問い合わせはコチラから

オランダ2月25日からワクチンパス不要となる見込み

生活

オランダではワクチンパスは2月25日から不要になるそうです。

1G(ネガティブテスト:陰性のテスト結果)が必要になるのは座席が割り当てられていない500人以上を収容する屋内の場所だけです。

実質、完全解除と同じかと思います。

オランダの1G/2G/3Gって何が違うの?

1G/2G/3Gというのがオランダでは使われていますが、イマイチ定義がわからないので、調べてみました。※原文はオランダ語ですが、自動翻訳で英語に変えています。

3G – You will receive the QR code if you have been vaccinated, cured (from corona) or tested (negative ) .

2G -You will receive the QR code if you are vaccinated or cured (from corona). A test is therefore no longer valid.

1G – You will receive the QR code if you have been tested (negative ) . So it doesn’t matter whether you are vaccinated or cured, because everyone has to test.

https://jeugdjournaal.nl/artikel/2406209-1g-2g-of-3g-wat-is-dat-eigenlijk.html

1G/2G/3Gの違いは、コロナチェックで使えるQRコードが発行される条件の違いのようです。1G/2G/3Gのいずれかが適用される場合は常にQRコードが必要ということですね。

余談になりますが、2Gというのはワクチン未接種もしくは期限切れの人にはQRコードを発行せず、完全排除ということらしいです。恐ろしいですね。

1Gの上記の定義が正しいのであれば、1Gが要求される条件の時にはワクチンパスが有効でもnegative testの結果が必要になります。

3G⇒1Gに変わるというのは、コロナワクチン接種しても感染するから直近の検査結果しか信用しないのだと思います。そうなると2Gという選択肢はそもそもないですね。ワクチンパスを持っている人からするとなんで毎回検査?となりますが、そうなっています。

1Gが限定的に適用される状況で、3回目のコロナワクチンの摂取を受けても1GへのQRコード発行への寄与は無く、自己防衛のためということになると思いますが、どの程度、3回目のワクチン接種が進むのか微妙な状況ですね。

オランダ:来週の金曜日の2月25日をもってほとんどの措置が解除される

3 steps to reopen the Netherlands
COVID-19 infection rates are high, and many people are self-isolating or self-quarantining at home. But despite the high number of cases, hospital admissions re...
Kabinet wil sneller versoepelen: samenleving per 25 februari grotendeels open
Alleen de echte basismaatregelen, zoals geen handen schudden, blijven nog van kracht.

内閣は、ほぼ確実に、コロナ記者会見で、来週の金曜日の2月25日をもってほとんどの措置が解除されることを発表するでしょう。握手、衛生、換気、苦情があった場合の検査など、いくつかの基本的なアドバイスのみが維持されます。それがハーグの情報筋が言っていることです。そうすることで、キャビネットはアウトブレイク管理チームのアドバイスよりもさらに進んでいます。

口のキャップを着用する必要がなくなり、1.5メートル離れた場所に保管する必要がなくなりました。可能な限り在宅勤務のアドバイスはキャンセルされます。

文化部門と外食産業では、通常の状況は予想よりも早く戻ります。今、彼らは午後10時に閉まる必要があります。来週の2月18日金曜日から、午前1時になります。1週間後、通常の一般閉店時間が再び有効になります。2月25日はカーニバルが始まる日でもあります。

OMT:7〜5日間の分離

アウトブレイク管理チーム(OMT)からの新しいアドバイスでは、専門家は、文化およびケータリング部門の営業時間を午前1時に延長するなど、内閣が発表した以前の緩和をサポートしています。

OMTは、感染後の強制隔離を7日から5日に短縮することもアドバイスしています。隔離期間が終了する前に、誰かが24時間苦情を受けていない必要があります。

OMTは、内閣が明日発表したい他の緩和策についてはあまり熱心ではありません。専門家は、3Gポリシーとコロナチケットをしばらくの間維持することを好みます。これは、ウイルスの削減にわずかな貢献をすることができるためです。しかし、内閣と衆議院の両方で、政治におけるそれに対する支持はますます少なくなっています。

非常に批判されているコロナ入場券(ctb)は冷蔵庫に消え、本当に付加価値のある状況が発生した場合にのみ保管場所から取り出されます。ただし、他の国が条件としているため、海外旅行にはCTBが必要である可能性があります。

2月25日から、1Gは、多くの人が参加するフェスティバルやイベントに適用されます。つまり、ネガティブテストでアクセスできます。

先週、パンデミックがもはや医療に大きな問題を引き起こさなくなったため、内閣がこの方向に動きたいことが明らかになりました。明日、政府はこれについて決定を下します。これは主にリラクゼーションの実用的なデザインに関係している、と情報筋は言います。

記者会見は明日の夜7:00 PMです。初めて、ルッテ首相は出席しません。発表は公衆衛生のKuipers大臣によって行われます。

まとめ

個人的にはワクチンパスの廃止には賛成です。ワクチンを何回打っても収束しないのは目に見えているので、ワクチンを強制するような仕組みであるワクチンパスは止めた方が賢明だと思います。

しかし、オランダのコロナ対策は、経済のカレンダー通りに動いていて実際の感染状況と全くリンクしていないですね。年末に急にロックダウンしてみたり、オミクロンで感染爆発してPCR検査が受けられない状況なのに感染対策を解除したり、とても恣意的です。

この記事が気に入ったら フォローしよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
ブーン

はるばる日本よりオランダ王国へやってまいりました。
自分の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。
お問い合わせは、『こちら』からお願い致します。

\ブーンをフォロー/
スポンサーリンク
生活
\シェアお願いします!/
\ブーンをフォロー/
オランダで生きていく
タイトルとURLをコピーしました